小田原市の不動産|Crystal Resort株式会社 小田原営業所 > Crystal Resort 株式会社    小田原営業所 のスタッフブログ一覧 > 小田原の象徴 『小田原城』

小田原の象徴 『小田原城』

記事一覧   『Sole Mare~Manazuru』真鶴の土地|次へ ≫
カテゴリ:Life Style


小田原の歴史の象徴『小田原城』

戦国時代、小田原城を本拠に関東一円を支配した戦国大名が北条氏(後北条氏とも言う)です。

歴代当主五人は、北条五代と呼ばれています。

明応4年(1495)、関東で理想の国家を作ろうと、大森氏を退け、

北条早雲が伊豆韮山から小田原城に入りました。

以後、北条氏は小田原を拠点として、多くの人材を上方から招き、産業を興し、

着々と勢力を伸ばしていきました。

二代目氏綱が関東支配の礎を築き、三代目氏康の時代には城下町の形態も整えられ、

小田原は関東における政治、経済、産業、文化の中心として繁栄しました。

そして、天下統一の機運が高まる中、四代氏政・五代氏直は、

豊臣秀吉軍の攻撃に備えて町全体を取り囲む巨大な総構を築きましたが、

天正18年(1590)、約18万の大軍に小田原を包囲され、約100日に及ぶ籠城戦の後、

小田原城を開城し、北条氏は滅亡しました。

難攻不落の小田原城引用

小田原城は、昭和13年(1938)8月に二の丸・三の丸の一部が、

昭和34年(1959)5月に本丸と二の丸の残り全部が国の史跡に指定されています。

季節により様々な顔を見せてくれる小田原城を側に暮らすのもまた格別であろう。


記事一覧   『Sole Mare~Manazuru』真鶴の土地|次へ ≫

トップへ戻る